· 

【準備編】結婚式のカメラマンをやることになったあなたの為に

こんにちはゴリ蔵です。

 

私には結婚式のカメラマンを中心に

生きていた時期がありました。

最近はあまり撮る機会がないのですが

その時の経験が誰かの役に立たないものか

と思ったのがこの記事を書く

きっかけでございます。

 

フリーランスのカメラマンなので  

様々な会場に出入りする機会がありました。

そこでは多様なタイプのカメラマンがおり

彼らとコミュニケーションをとることで

多くの情報を知り、自分の撮影に

生かすようにしていました。

 

とは言っても結婚式があるのは

基本的には土日祝です。

 

平日は編集をしたり、別の撮影をしたり

といったスケジュールだったので

毎日結婚式場にいるわけではありませんでした。

 

さて、本題に入ります。

     

友人の結婚式のカメラマンを

任されてしまったというあなたに

是非読んでいただきたいです。

あなたがどんな立ち位置なのか


お友達?友達の友達?他人?カメラ係?

あなたと新郎新婦の関係のお話です。

これは撮影においてかなり重要な部分です。

別に友人で超仲良い方が良い

というわけではありません。

 

結婚式に出席してそのついでに撮ってよー

 

という類の撮影もありますし

 

結婚式に出席ではなく、

 

カメラマンとして参加して欲しい

 

という依頼もあります。

 

様々な形がありますが

これを曖昧なまま進めると後々めんどくさくなるので

下記をはっきりさせた方が良いです。

 

 


賃金が発生するか、金額はいくらか

根本的なことですが、プロではない方に撮影を

お願いするのだから無料でしょ。

 

っていうスタンスの方、たまに見かけます。

 

別の記事で説明いたしますが、

お願いされた写真を失敗しないで撮る行為

簡単ではありません。

だから仕事として成立するのです。

金額が発生しないならそれは仕事ではありません。

 

このように線引きをしていくと

難しい話になってしまいますが

 

『結婚写真』って失敗がマジで許されない

シビアなジャンルなんです。

撮り直すことができない緊張感は大きいです。

 

『まあできる範囲でいいからさー』とか

言われようもんならもう本当に危険です。

 

 


席はあるのかないのか

 

あなたの席が用意されているかどうか。

カメラを持って会場に入る者としてはここは大きな線引きです。

 

もし、あなたの席がある場合。

あなたは、ご祝儀を払ったうえで撮影を行うことになるでしょうか。

席に出された料理を食べながら撮影をするのでしょうか。

 

様々な形があるのでなんとも言えないところですが

撮影をお願いされている方があなた以外にもたくさんいて

みんなでたくさん撮ってよーみたいなスタイルなら

それでもいいかもしれません。

 

カメラマンなのかカメラ係なのか

あなたは新郎新婦にとってどんな存在で会場にいるのか。

 

ここは明確にしておいたほうがいいです。

 

少なくとも新郎新婦は会場にカメラマンをお願いすると

10万円以上の費用がかかることをあなたにお願いしているのです。

 

私はカメラマンとして会場に入るなら

席は断ったほうがいいかと思います。

(あくまで一つの意見です)

 

というか、撮影するなら食事する時間はありません。。。

 


ズバリ、結婚撮影の相場金額は?

気になるのは一般的な金額ですよね。

 

これ、正解はありません。

正解がない世界なんです。

あなたが決めた金額が正解の金額なんです。

 

ですが、私の経験値で申し上げると下記の感じです。

(メイクシーン〜挙式〜披露宴お開きまで)

 

3万〜10万くらい

 

全データをお渡しする感じでこんな感じです。

もちろんこれより安い方も高い方もいます。

 

別記事で書きますが

撮って終わりではないので

(画像処理)

1日の労力に対しての対価ではないです。

一般的に撮影は6時間程使います。

 

私の場合は

撮影後の画像処理はこれ以上の時間がかかっておりました。

 


最後に

結婚式は準備にかける時間も多いですし、

予算そのものも高額です。

なにより、新郎新婦にとっては

かけがえのない思い出になります。

その重要な役割である写真を

あなたに依頼されたのあれば

素晴らしい信頼です。

 

ですが、失敗はゆるされません。

まずは、できる、できないを

考えてみましょう。