· 

すぐに実践できる!たった1つの写真改善策!

スマホ写真のお話です。

こんにちはゴリ蔵です!

 

最近のスマホ写真はすごいですねー。
ほんとに綺麗に撮れます。
条件さえそろえば一眼レフで撮った写真と見分けがつかないほどです。
 

 

一体どんな技術を使えばこんなに薄い板みたいなカメラで写真が写るのか理解に苦しみます。

 

 

さて、あなたはこんなに素晴らしいスマホカメラを使いこなしていますか?

 

 

写真撮ってますか?


 
僕は仕事ではデジタル一眼レフカメラを使用しております。
カメラ以外の機材(ライト等)も多く、いつも撮影の準備をしてみると
うんざりするような量の荷物になります。
 
普段からそんな体験をしている僕からしたら現代のスマホカメラは魔法みたいなものです。

 

もはやスマホのカメラで雑誌の表紙撮影をする日が来ても驚きません。
そのくらい進歩しています。
 
でも・・・
このスマホカメラ、使いこなしてると自負している方は
少ないんじゃないでしょうか?
なにか物足りなかったりしてませんか?
 


だとしたらそれはもったいない・・・!
日々の生活の中でもう少しだけ写真が輝けば

 

もっと素敵な毎日になるのではないでしょうか!

 

じゃあ、どうすればいいのよ。。。

 

 

そんなあなたにまず提案したいことは

 

『できるだけ対象物に近づくこと』

 

なんだか拍子抜けしてしまった方もいらっしゃるかと思いますが実はとっても大事なことなんです。
 
人は何かに感動した時に写真を撮ります。大げさに聞こえるかもしれませんが

 

何かを発見したり、気づいたり心が動いたときに人はシャッターボタンを押します。
 


でも…
 

 


ちょっと待ってください。

 


あなたが撮ろうとしているものにもっと近づけませんか?
まだ近づけますか?
 


というのも写真というものは
撮影時の景色よりも、ずっと離れた距離で写ってしまう性質があります。
 


少し難しいかもしれませんが、

撮りたかったものが思っていたよりも小さく写ってしまったり、

余計なものが写りこんでしまったりして、結果としてあなたのメッセージが弱まってしまうのです。

 

写真のうんぬんかんぬんを言い出すと大変なのですが

 

 

 

 

 

 

 

おっと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣の部屋がこんな感じになってました。

ふとんからはみ出ちゃってますねー


我が息子ながら食べてしまいたいくらいかわいいです。


これはこれで事件性があって面白いのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐっと、
近づきます。

するとどうでしょう。
寝顔もさることながら肌の感じとか
手のプニプニ感とか
 
なんかもう、食べてしまいたいです。
 
どうですか?
どっちが正解だとか
そんな話ではないのですが
はっきりと写真に違いがでましたよね。
 
まずは思いっきり近づいてみましょう。

たったこれだけです。

 

伝えたい世界がぐっと近づいてきます。

 


そんなお話でした。